2007年12月07日

ぁ、そうだ☆

俺様、スロット歴はかれこれ、10年オーバーでしてるんだが、
昔より今の時代のスロットの方が目押しはしやすいです☆


で!

目押しで検索エンジンでかけてきてる訪問者がいることに気がついたので!


本日の(まともな)ジャグラー講座。目押し編。


んとですね。

まず、リールが回るでしょ。
そしたら、リールの絵柄のはじの方をじっくりと見てください。

まず、なんか黒いのが2回通り過ぎてゆくのが見れたらしめたもの☆

BARと7の絵柄は大きいので、回ってる絵柄のはじを見るのがコツです☆
で、どちらかというと黒が見やすいので、まず、最初にそれをマスター☆


で、ジャグラーDDT打法として
その黒を狙うのが必須なんですよね、チェリーがすぐそばにあるでしょ。

DDT打法とは同じコイン数で【より回転させよう】という打法で、
より回転させればより確率もあがるという理論のもと行う行為であります。


しかし、まあ、スロットは
より早くボーナス引くのが勝利への導きなので
あまり、関係もないけどな、特に五号機。(ぇ


で、次にボーナス引いてペカった場合。

ここが目押しできるのとできないのでは差がつく。

コインは等価交換で一枚20円、一枚でも無駄にしたらもったいないからね。


で、五号機になってから赤7でそろえなくてはいけないので、
今度は赤も絵柄のはじの方をじっくりと見て
見えるようにしとかないといけません。


なんてゆーのかな

 ● (他の絵柄
●●●(BAR
 ● (他の絵柄
 ● (他の絵柄
 ● (他の絵柄
   
こんな感じで(これは極端だけど
絵柄がちょっとはじの方出てるんで、そこ見たら目押しがだんだんできるようになりますよ☆


そして、ステップアップしていって
今度は切れ目
(リールは長い紙を円柱に貼り付けてる感じなので、どっか必ず重なって線ができています、そこを切れ目といいます

も見れるようになって

そして、だんだんひとつずつの絵柄も見えるようになってきます。


俺も最初はぜんぜん見えなかったけど
一年、その意識してやったら、
今なら、3つのボタン瞬時でとめて、7で揃えれますよ☆


まあ、ペカんないとそろわないけどね(笑
posted by ジャグラー at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 目押しについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。